酸素カプセルの効果について

人間は、普段生活する中で多くの酸素を使用しています。

 

酸素が使用されるのは、食物の消化吸収や新陳代謝などをおこなう際です。
はるか昔地球の大気には、酸素が35%もあったと言われています。
しかし、現在では大気中の酸素は約20%前後に減っています。
さらに、現在社会では人間の活動以外にも排気ガスや食品添加物などによる
酸素の消費量も増加しています。

 

つまり、現在は普通に生活していても酸素不足になりがちと言えます。

 

酸素カプセルの効果は不足しがちな酸素をおぎなう事で、
リラックス効果や疲労回復効果、血行促進効果などが期待できると言われています。
 

 

酸素カプセル内の加圧された環境で横になる事で、
肺胞から酸素を取り入れる効率を向上させる事ができます。
すると、血液中に酸素が溶けやすくなりさまざまな効能が期待できると言われています。

 

また、細胞に効率的に酸素供給がおこなえるので体質改善効果も期待できます。

 

酵素カプセルの人間への影響は、ヘンリーの法則を利用しています。
ヘンリーの法則は、気体は気圧の高さに比例して液体に溶け込むという事です。

 

つまり、酵素カプセル内を加圧する事によって、
より多くの酸素を血液に溶け込ませる事ができると言う事になります。

 

一定以上の高濃度酸素を長時間人間に与えると、
人体に悪影響を及ぼすと心配される方もおられます。
しかし、人体に悪影響を与えるのは、酸素濃度が50%で48時間、
酸素濃度が60%で12時間以上と言われています。
つまり、30%から35%程度の酵素カプセルの酸素濃度では人体に悪影響はないと言えます。

慢性的な疲労回復には酸素カプセルが最適

酵素カプセルは、カプセル内の気圧を通常気圧の1.3倍程度まで高くします。

 

酸素カプセル内の気圧は、母親のお腹にいる際に胎児が経験する気圧に近いとされています。
また、通常の体内の酸素量より約2倍にも体内の酸素量が増加すると言われています。
その理由は、ヘンリーの法則による効果です。
ヘンリーの法則は、気体が気圧の高さに比例して液体に溶け込む事が証明されています。

 

体内酸素は、人間のさまざまな活動に利用されています。

 

通常呼吸によって吸入する酸素は、
血液中の赤血球と結合して運ばれる結合型と言われる酸素です。
しかし、結合型の酸素は大きく、赤血球の数だけしか体中に酸素を運ぶ事ができません。
しかし、ガス化した溶解型の酸素に気圧をかけると
毛細血管やリンパ液にも直接酸素を行き渡らさせる事ができます。

 

つまり、酵素カプセルは気圧を高める事で溶解型の酸素を作りだし
有効的に酸素を体内に送りこむ事ができるのです。

 

人間が慢性的な酸素不足をおこしていると、
身体がだるくなったり肘・膝などが痛んだり、集中力が低下したりします。

 

普段の生活では、体内の酸素量や酸素の質について意識する事はあまりありません。
その為、慢性的な酸素不足に気がつく方は少ないです。

 

しかしそういった方程、酸素カプセルを利用すると症状が改善されやすいと言われています。
個人差はありますが酸素カプセルの血中酸素濃度への効果は、
3日間程度保持できるとされています。
その為、週に2回程度利用されると体質改善効果が期待できると言われています。
また、1カ月ほど継続して利用するとさらに効果を実感しやすいと言われています。

 

 

更新履歴